舞妓さんのお店出し

2007-04-27

images/omisedashi.jpg
舞妓さんのデビュー『店出し』の日に貼られる目録です。
とてもおめでたい柄が描かれていますね。鯛や恵比寿さん。見ているだけで
こちらまでにっこり微笑んでしまう感じです。

鴨川の床

2007-04-17

昨日、川端通を走っていたら鴨川の床の準備が始まっていました。
夏の納涼床のイメージが強いですが、5月1日から皐月床として始まるそうです。
満開の桜も散り、緑の美しい季節になってきました。 一足早く5月の床で季節を感じるのも良さそうですね。

夏扇のサイズ

2007-04-15

images/sensu2hon.jpg
店頭でよく夏扇のサイズについて聞かれることがあります。
夏扇は簡単に分けると男物と女物に分けられます。
昔からの寸を使って長さを表しています。 男物は7寸5分(約22.5cm)
女物は6寸5分(約19、5cm)です。
骨の数を間(ケン)を使って表します。骨の数が18本なら18間と言います。
18間から45間のものまであるんですよ。
半げしょうのオンライン販売でも夏扇には65/35とか75/35と書いてありますが
これが長さと骨の数を表しているのです。
65/35は女物の6寸5分、骨の数が35本という意味です。「ろくごのさんじゅうご』と言っています。75/35は「しちごのさんじゅうご」と言っています。
男物の優しい柄や無地の物など、女性の方に男物を薦めることもあります。
大きい分、風もよく来ますよ。

夜桜

2007-04-09

images/blog-yozakura.jpg
高瀬川の桜のライトアップの写真を撮ってきました。
「五条から四条の間がきれいですよ」とタクシーの運転手さんもおススメの桜です。
夜は少し肌寒いですが、満開の桜を眺めながらの散歩はいいものです。
今が見頃の満開の夜桜。 ぜひお出かけ下さい。

高瀬川 桜のライトアップ

2007-04-06

images/takasegawa.jpg
昨晩、桜がライトアップされている高瀬川畔を歩きました。
川の畔に続く桜並木。ライトアップされた満開の桜はとてもきれいでした。
カメラを忘れていったので、今朝の高瀬川畔の写真を取りました。
今日はとても暖かく、桜の下を歩くのはとても気持ちがいいでしょうね。
昼の桜,夜桜 どちらの桜も風情があって大好きです。
今日の夜はもう一度、カメラを忘れず持って行って、また写真をアップしたいと思っています。

桜咲く鴨川

2007-04-03

images/blog-kyouodori.jpg
春を満喫できる鴨川の畔。下には雪柳が白く咲き乱れ、上にはピンクの桜が咲いています。
お店の近く松原橋からの今日の様子を写真に撮ってみました。
宮川町では今週末から京おどりも始まります。散策にもってこいの場所です。
お店には桜柄の扇子も多数揃えています。 いろんな春を感じに、ぜひお出でください。

扇や 半げしょう 〒605-0816
京都市東山区新宮川町通松原下ル西御門町440-13
Tel/Fax: 075-525-6210
営業時間: 10:30~17:30 定休日:日曜・祝日不定休
Copyright© 2012 HANGESHO. All Rights Reserved.