メインイメージ


木箱の上に置かれた蝶の形をした的をめがけて扇を投げ、扇と的の落下した形によって点数を競う優雅な遊び「投扇興」。
その起源は明らかではありませんが、中国から伝来した投壷(とうこ)という遊びを元に考えられたと云われております。

公家の遊びとも、また、庶民の遊びともいわれている投扇興。
江戸時代には庶民の間で流行したようです。

それでは伝統的な遊戯法についてみていきましょう。
1.枕の前後に扇四つ分(扇を閉じた時の長さ)を隔て座ります。
2.次に先手、後手の順を決めます。
3.それぞれ計10投で交互になげましょう。
4.「源氏物語方式」または「小倉百人一首方式」で勝敗がつきます。

ポイント1 持ち方 ポイント2 投げ方 ポイント3 採点法 

扇や 半げしょう 〒605-0816
京都市東山区新宮川町通松原下ル西御門町440-13
Tel/Fax: 075-525-6210
営業時間: 10:30~17:30 定休日: 日曜・祝日不定休
Copyright© 2012 HANGESHO. All Rights Reserved.